Ja

知的財産の盗難

知的財産の盗難とは、Asposeの製品の違法な分解、転用、ラッピング、リバースエンジニアリング、および配布です。 Asposeのライセンス契約に違反し、著作権および知的財産権を侵害するため、違法です。

盗まれたソフトウェアを使用しなければならない開発者は、更新、修正、およびサポートを入手できないことに気付く可能性があります。また、悪意のあるコードが埋め込まれている製品を使用している可能性もあります。 Asposeが知的財産の盗難事件を起訴した場合、加害者は製品の削除を余儀なくされるか、取引を停止することさえあります。この種の状況は、本番環境で盗品を使用している場合、本物の顧客に深刻な問題を引き起こす可能性があります。

知的財産の盗難は簡単に見つけることができます。

  • 別のベンダーのドキュメントまたはAPIは、同等のAsposeと非常によく似ています。
  • 盗まれた製品からの出力には、Asposeの透かし、メタデータ、または期限切れの一時ライセンス情報が含まれています。
  • 盗まれた製品からの出力は、Aspose製品からの同等の出力と同じように見えます。


エンドユーザー使用許諾契約はオンラインで入手できます。製品が合法的に使用されているかどうかを確認するには、わかりやすい英語の用語を参照してください。

知的財産の盗難の疑いを報告するには、以下のフォームに記入してください。盗難の事例を証明するために、私たちはあなたが私たちに提供できるすべての情報を必要としています。連絡先の詳細を残していただければ幸いです。レポートを作成する前に、さらに質問が必要な場合にご連絡いたします。

あなたの詳細は決して開示されません。